iPad、写真に文字入れするのに、オススメアプリ「文字入れくん」を紹介!

文字入れくん タブレット用

Instagramをはじめとして、
SNSへの投稿や
Webサイトで使う写真に文字を入れたい。

AdobeのPhotoshopなんかが有名で
実際に使っている人も多いようです。
ぼくも昔は使っていました。
でも、サブスクリプションがどうも嫌なのと
結果として、お安くない。
そして、その多すぎる機能の殆どを使わないし
いざ使おうとしたら、
その操作をまずは学ばないと、全く使えません。

そこで今回は、
Photoshopがなくても
もっとサクッとお金かからず
写真に文字を入れるアプリの紹介と
その操作方法を紹介していきます。

たぶんいちばん簡単、「文字入れくん」

文字入れくん、iPadダウンロードページ

iOS13、iPadOSに対応しています。
実に簡単に、縦書き、横書き、フォントサイズ、色、など細かく設定できます。

文字入れくん、アイコン

インストールが済んだら、「文字入れくん」のアイコンをタップ。

文字入れくん、新規作成

右上の赤○で囲った、「+」をタップ。

文字入れくん、文字を入れる写真を選ぶ

文字入れする写真を一枚選びます。今回は真ん中のを選びました。
選んだら右上の「Done」をタップします。

文字入れくん、文字入れの最初

赤○の「+」をタップすると、
写真の上に、文字を入れる枠があらわれますので
この青い文字の枠内をダブルタップします。

文字入れくん、好きな文字を入れる

するとこのような画面になり、最初は縦書きになった文字が出ています。
これを削除して、自分の入れたい文字に書き換えます。

文字入れくん、縦書き・横書きの変更方法

横書きにしたい時は、左上の「横書き・縦書き」ボタンをタップするだけで、切り替えることができます。
文字が決まったら、右上の「完了」ボタンをタップします。

文字入れくん、写真に文字を入れる

赤矢印、「淡路島のさくら」と文字入れしました。でもこのままだと、字は小さいし、色もイマイチで全然文字が目立ちません。
なので、これから青矢印のツールをいろいろ使って、文字が映えるようにしていきます。

文字入れくん、文字の色を変える。

最初に赤矢印左の「テキストカラー」をタップ。
次に赤矢印右から、好みのカラーを選びます。今回は薄ピンクを選んで見ました。

文字入れくん、フォントの大きさを変える。

次は文字の大きさを調整します。
赤矢印左の「フィント」をタップ。
次に、赤矢印右の「フォントサイズ」で、「+」と「-」ボタンをタップしながら好みの大きさにします。
真ん中下の赤枠、「ヒラギノ明朝W3」となっているところをタップすれば、フォントの変更もできます。

文字入れくん、文字入れ完成

こんな風に完成させてみました。
最終的に追加した編集内容は
・フォントの色
・フォントサイズ 50pt
・背景カラー 白+透明度70%
・文字の間隔 -0.3x、行の間隔 -0.1x
・縁取り ON 黒3pt
・文字の位置は自由に動かせます

最後に、右上の「保存」をタップで出来上がりです。

もし、文字を別に加えたい場合、

文字入れくん、文字をさらに加える

下の「+」をタップすると、文字があらわれます。このあとは最初の文字と同じように編集を繰り返します。

文字入れくん、作例「変な名前の写真家 森星象」

ちなみに、このブログで使っている上の文字入り写真も、文字入れくんで作成しました。写真の加工(大きさ、明るさ、彩度などの調整)から文字入れまで、すべてiPadでやってますので、時間もかからず簡単にできました。