Windows 10で、簡単に写真をリサイズする方法

プリント PC用

写真がデカすぎて、メールに添付できない!

最近はスマホのカメラも良くなって,めちゃくちゃキレイに撮れるようになりました。これはもう感動モンで、一時はプロの写真家を目指した経験のあるぼくからみても

一眼カメラに追いついてないけど、じゅうぶんキレイ!

やはり本格的なカメラはRAWで撮影できるし、パソコンのソフト使って現像して、A3ノビなどの大きな紙にプリントできる高い実力がありますが、スマホで撮ってスマホで見るのであれば、もうじゅうぶんすぎるぐらいキレイなレベルに到達していると思います。

しかしメールで送るにしても、ブログで使うにしても、2000万画素を超える写真は、サイズがデカすぎて送れない!

パソコンでの写真現像が大好きだった頃のぼくは、10万円近いAdobeのPhotoshopを買って加工して写真を小さくしてからメールに添付して送っていましたが、最近はPhotoshopも殆ど使わなくなりました。

写真を簡単に小さく軽くできるソフト『3Dペイント』

そこで登場するのが、Windows10になって標準装備された『3D ペイント』。これを使って、写真サイズの縮小を行います。

昔、Windowsのペイントといえば、「お絵かきソフト」なんて言われてましたが、いまはかなり進化して、けっこう使えます!

では使い方です。

まずは、3D ペイントを立ち上げで

3Dペイント

「開く」をクリックして

3Dペイント

赤く囲った「ファイルの参照」をクリック

PC内「マイピクチャ」などに保管された写真を選んで

3Dペイント

「リサイズ」ボタンをタップして、右側の「キャンバスサイズ変更」に希望の大きさを入力するだけです。

ちなみに、このブログで貼り付ける写真は、長辺が700ピクセルから1000ピクセルぐらいにしています。

ということで、この3Dペイントは無料ですが、けっこう使えます。
本格的にしたければAdobeのPhotoshopやLightroomなどの優れたソフトをおすすめしますが、ブログやSNSにサクッと使いたい写真を簡単に調整したければ、一度3Dペイント使ってみてください。

質問が来た。

ぼくがこの記事に使ってる写真

「どうやってPC画面をキャプチャーしたの?」

疑問を持って、質問がきました。
これもWindowsストアで手に入れた、無料ソフトを使っています。3Dペイントと連携させると便利な方法があります。

意外と知らない、Windowsのスタート画面をキャプチャーして、すぐに加工する方法。

こちらをぜひ参考にしてみてください。